ドッグフード デメリット

ドッグフードのデメリットはどこにある?

ドッグフード デメリット

 

愛犬に食事を与えるときは当たり前のようにドッグフードを与えますが、中にはドッグフードを与えずにすべて手作りの食事を与えている飼い主さんもいます。

 

食事を手作りしている飼い主さんはドッグフードのデメリットを嫌っているからなのですが、どんなデメリットが存在するのでしょうか。

 

 

市販されているドッグフードのデメリットは安全性の低さが問題になっています。

 

市販のドッグフードは安価で本当に安いものだと1食10円程度で販売されているものもありますが、なぜこんなに安く提供することができるのでしょうか。

 

その理由は保存料などの添加物を使用していたり、原材料に小麦などの穀物を使用しているところが挙げられます。

 

添加物を使用すれば保存できる期間は長くなりますし、香料を使用すれば食いつきも良くなります。さらに、原材料に小麦を使えばかさ増しができて量が多くなるので、安い価格で提供できるのですね。

 

 

けれども、その分ワンちゃんの健康を害するものが含まれているので決して安全とは言えない点があります。

 

長い目で見れば安い市販のドッグフードを与え続けるのはデメリットが大きいでしょう。

 

 

だから手作りで食事を作っている飼い主さんもいるのですね。

毎回手作りができない

毎回の食事で手作りのものを与えたいと思っていても、現実的にはなかなか難しいですよね。

 

手間もかかりますし、犬には与えてはいけない食べ物などもありますから、専門的な知識も必要となります。

 

 

そう考えるのであれば、手作りというのは知識がなければリスクが高い食事の与え方と言えるでしょう。

 

 

ではどうすればいいのかということですが、手作りのような栄養バランスを考えたドッグフードを与えるようにするのが一番現実的だと言えると思います。

 

 

このサイトで紹介しているモグワンはおうちで手作りしたような栄養満点な愛情ごはんを再現しています。

 

チキンとサーモンの動物性タンパク質を50%以上配合しているので、栄養はもちろん、添加物などは一切使用していないので愛犬の健康を守ることもできますよ。

 

 

公式サイトでは季節ごとに手作りのアレンジレシピを紹介していますので、少し手を加えて与えてあげたいという方にも嬉しいドッグフードとなっています。

 

モグワンはドッグフードのデメリットを解消し、手作りの食事を与えたいと思っている飼い主さんにもおすすめできますよ。

 

 

モグワンでドッグフードの悩みを解消しよう